2/4(土)  そもそも研究① 【自治基本条例ってなんだ?】

多くの自治体で制定が進む自治基本条例。
東三河8市町村では、新城の自治基本条例、田原市の田原市 市民協働まちづくり条例と2自治体が制定してます。

始まりが中央によるものだったとしても、制定のプロセス、つまり行政と市民の『まちづくりの理念の共有』により大きく市政を変えることができます。

【日時】 2月4日 13時半~16時半
【場所】 新城まちなみ情報センター
新城市字町並304番地4
【内容】「第二次地方分権改革」から10余年、『自治基本条例』は構造改革のツールとなったのか!?
【講師】 中川 賢俊さん(高森町議会議員)
【参加費】500円

堅そうな話ですが、楽しくグループワークをしながら進みます。
どなたでもご参加できます。

誰がどのように作っているのか、情報開示はなされているのか。
さまざまなポイントから制定プロセスを眺めることでいろいろなことが見えてきそうです。

< 2018 >
7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031